<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秋晴れの今日、ほんとに過ごしやすい一日でしたねー。
こんな気候がずっと続いて欲しい・・・
明日は雨みたいですね。秋らしい穏やかな日はいずこへ〜〜〜〜。

そんな秋にはちょっと寒い週明けから、栗、煮てます。
ワイン煮にしたのだけど、ワインの味が強く残ってしまったから
今日ファンタグレープ入れて煮直してみたんだけど、今度は甘い・・・(TдT) ウゥ…
冷まして味が落ち着くのを待ってみます。んん〜〜難しいなぁ〜。


でもって今日は贅沢に、おフランスのチーズを買ってきました。
もぉぉぉーーー!ってくらいチーズがお高い国、日本。
大好きなのに、ほんとにたまにしか買う事出来ないし、買えても1種類とかだし。
フランスみたいにチーズが庶民価格だったら、一人チーズ祭りを開催出来るのに!
チーズを思い切り食べられるフランスに住みたいよ!本気で!!!

で、買って来たのは Le Napoleon ナポレオン
e0103211_033045.jpgチーズ王国で買ったのだけど
羊飼い・製造・熟成までドミニク・ブシェ氏が一人で手がける農家製・羊乳100%の手作りチーズ(ピレネー産)
だそうです。
150gしかないのに恐ろしい値段ですなあ。( ゚Д゚)ヒョエー
コンテチーズが大好きなんだけど、以前試食して惚れました!
コンテっぽいけどコンテじゃない。羊乳だし。
少し室温に戻ってくるとじんわり乳脂肪が浮いてきます。
ハード系なのに中がしっとり、ほんのり塩味で深い味わいです。
で、ベリー系のジャムに絶対合うと思うんだけど、家に無かったのでコケモモジャムで。
ついでにカイザーの田舎パンも買って来たんだけど、予想してたより中身が詰まってなくて
中身がふわふわなパンでした(泣)もう少し酸味があるかと思ったんだけど・・・
どーも、カイザーには毎回裏切られます・・・(苦笑)


さて、チーズ三昧出来るパリの生活を思い出しましょう!



2009年5月9日(土)


オルレアンへの小旅行から帰って来た翌日、パリ市のイベントに出掛けました。

e0103211_0171510.jpgその前に朝食

もちろん朝からチーズ!この時はコンテです!(1年熟成もの)
右奥のはパン屋さんに売ってる「シュケット」というシュー皮だけのもの。軽くて何個も食べられます。

やって来たのはパリ市庁舎前。ここではしょっちゅう市のイベントをやってます。
この時は「ヨーロッパフェア」みたいなもの。生憎の雨模様。
e0103211_0183016.jpg
SNCFが一番大きく展開していました。
フランスの新幹線TGVの運転席部分。中で操作すると目玉が光ります。
e0103211_0233011.jpg
並んでいるのは大人の方が多い・・・。
e0103211_026374.jpgSNCFのブース
なんだかわからないディスプレイ



BOXにフィギュアが飾られているけど
何を表現しているのか
イマイチ不明・・・
わたし的には、コレが一番気になりました。
2008年現在のSNCFが電車を走らせているルート
e0103211_0284328.jpg
2020年には、ここまで繋がる予定らしいです。
e0103211_0285135.jpg
イタリアやスペインまで一気に行けますね。周遊出来る範囲が格段に広がりそうです。

e0103211_0323033.jpg行列が絶えなかった体験ゾーン

SNCF版
「電車でGO!」

誰もが夢中。
お父さんは真剣です。
e0103211_0351413.jpgNASA風?
観光客の撮影ポイントになってました...
こういうものって、ちょっと微妙なものが多い気が...
e0103211_0363931.jpg最近、日本でもこのタイプの人力車が増えましたね。
銀座でもたまに走ってます。
のんびり観光するのには良さそうです。
e0103211_0364986.jpg市庁舎付近を無料で乗れるようです。
右半分は、このイベントで貰ったもの。政府がやっているエネルギーに関わる政策などが載っている冊子やDVDも無料配布されてました。
何があるのか見に行ったら、そこのスタッフの女性にTシャツを手渡されたんだけど、
サイズを見るとXLだったから「いらん」と思ってテーブルに戻したら、その女性が
ガッと掴んで「最後の一枚なんだからね!貰っときなさい!」と無理矢理くれました(笑)
e0103211_0404750.jpg
左半分はエッフェルさんの本やパンフ。右半分はヨーロッパフェアのお土産。 例のTシャツ

e0103211_0485472.jpgその後は毎度のルーブルへ

美術館じゃないですよ。
ランチに行きます。
e0103211_0494541.jpgルーブル美術館のカフェ

いやいや
こんな素敵な所でランチ出来ません(^^;
e0103211_0504018.jpg毎度おなじみ
ルーブルのフードコート。
キッシュセット
飲み物込みで12ユーロ。

安いとこでも、それなりに美味しいです。(たまにハズレなものも...)

パリに何度も来ているのに、こんなものを初めて見ました。
ルーブルからチュイルリー公園入口付近の地下のジオラマ
e0103211_052272.jpg
凄いですねー。この上はバスが走ってますよねー。
こんな風になってるのかーーーー、とほんと真剣に見てしまいました.....

さて、一旦アパートに帰る前に、いつものルーブルのトイレに行こうっと〜〜

・・・・・って、なんか以前と違うんですけどー!

以前は至って普通の有料トイレだったのに、何やら企業が入ったらしく
超ゴージャス!なトイレへと変貌していました。
受付にカッチョいいスーツ姿のモデル?みたいなイケメンがいるし(トイレなのに)
中ではスタッフが人が出るたびにアルコールで扉全面を拭き掃除してるし(汗だくだし)

そして入ってみると・・・・
e0103211_102751.jpgショールーム??
きれいでおしゃれで清潔なんだけど・・・・

まったく落ち着かんわいっっ!しかも高いし!(2ユーロ)

あぁぁぁ・・・・あたしの貴重なトイレポイントが・・・・・(T_T)

また別の場所を探さねばいけません....

アパートへ戻って着替えて、再度お出かけです。

観てきました、オペラ。
UN BAL MASQUE(仮面舞踏会)
e0103211_164131.jpg
また前から7列目の席だったから、結構表情までよく見えました。
でも見辛いのが字幕。舞台のかなり上にあるせいか物凄く見えにくい。
イタリア語だったせいかフランス語で字幕が入るんだけど、その度に首が上下に....
全体から見える位置っていったら、あそこしかないだろうけど、なんともなあ.....。

でもオペラは、とっても良かったです!やっぱり生はいいなあ。
日本と違って気軽に見られる値段だし。日本だと良い席は4、5万。とても気軽じゃないし。
前から7列の一番高い席で87ユーロ(約1万3千円)
上の階なら2〜3千円でオペラが見られるって良い文化ですよね。羨ましい!


オペラをしっかり堪能して帰ってきました。
食事を作る時間でもなかったので、アパート近くの「サブウェイ」でサンドイッチ購入。
ついでにイタリアンジェラートの「アモリーノ」でプティに3種盛り(好きなだけ入れてくれる)
e0103211_1194352.jpg
アモリーノのジェラート凄く美味しいです!
マンゴーがお気に入り。
濃厚で美味しい!
ネームプレートがイタリア語だから読めなかったりするけど....
サブウェイ、去年はなかったから一年のうちにオープンしたみたい。
こういうファストフード店が、ここのとこパリにも増えてる気がします。

って事で、フランスの新旧文化を堪能した一日でした。
[PR]
by harun_parisbali | 2010-09-30 01:25 | 2009.04_PARIS&Croati
なんだか秋を通り越して、冬のような気温ですねえ。
体が順応してくれませんぜ!

週末は天気が良かったから、朝から洗濯三昧。
で、夕方から、こんな集まりに行ってきました。

バックパッカーズ・ナイト (え?おこがましいって?)

旅好き同士集まって旅バナしようぜ〜!的な飲み会 です(笑)

場所はココ。zakuro ザクロ (日暮里)
e0103211_152241.jpg
も〜何と言っても店長のアリさんでしょう!
客をいじりまくり!
ちっともだまっちゃいません。
いつの間にか、その世界に巻き込まれる事間違いなし
e0103211_174013.jpg
頼んだら「それマズイよ」と店員のお姉さんに言われた酸っぱくてしょっぱいヨーグルトの飲み物、アイラン

で、頼んでみた(笑)
何事も自分で確認、が
あたしのモットー
(^^;
e0103211_1101321.jpg
日本で唯一というウズベキスタンダンスの先生のショー

柔軟な体でセクシーなダンスに外国人大喝采

で、最後は全員ダンス!なんだけども、いかんせん人数多すぎて動けません(苦笑)

みんなでワイワイやるには最適!じっくりおしゃべりには向きません(笑)

という事で、みんなで場所を変えて二次会。

「旅」というキーワードで集まった、業種も年齢も様々な人達の集い。
まったく知らない人ばっかりだったけど、旅が好きだとそれだけでも盛り上がれるもんです。
色んな所をまわった人の話を聞くのも楽しいし、自分の話をするのも楽しい。

旅って、誰かに話す事でまたその時の気分が蘇って、
その時の感動やら楽しかった気持ちやらも同時に戻ってくるんですよねえ、生々しく。
「それで?それで?」なんて、積極的に聞いてくれる奇特な人はマレだしねえ(^^;

あたしたちにとっては、こ〜んなに楽しい「旅」なんだけど
最近若い子達は、あんまり旅に興味がないらしい。モッターイナーーーイ!!!

日本の自分の部屋にていも世界のあらゆる事をネットで知る事は出来るけど、
それは所詮誰かが書いた記事だったりする訳で、自分で感じた事ではないのですよ。
日本を出て外国を知る事で、逆に日本の事が見えたり、
今まで当たり前だった事が、世界的には当たり前じゃなかったり、
中にいては、決して気づかないことってあると思うんです。
どんなに情報が溢れていても、実際に体験しないとわからない事って沢山ある。
日本の中からじゃ日本は見えなくなっちゃうよ、と思うんだけどね。

まあ、海外行ってる全ての人が、そんな事考えながら旅行してるかというと
そうでない人の方が多いだろうけど。それでも、行かないより行った方がいいと思う。

自分の目で見て、自分自身で体験して、感動したり考えたりする事が、何より大切。

そして、その年齢でしか感じられない事っていうのもある。

旅立とうよ〜!ただ楽しむだけでもいいじゃない〜。そのうち何か見えてくるよ〜。


この会は、20年来の友達が企画しています。
大学卒業したての彼が世界へと旅立って、各地でバイトしながら過ごして来た3年もの時間。
そこで得たものは、きっと彼の人生の中で貴重なものになっているはず。
今回初めて聞いたんだけど、なんと手持ち30万で出国したそうだ。若いって凄い!

そんな彼はデザイナーとして独立してやってます。
バックパッカーズ・ナイト以外にも企画があるので、
興味のある方は参加してみてはどうでしょう?
初参加って人も多かったですよ(あたし含め)

ON ROVE
※サイトの「blog」に詳細が載っています。
[PR]
by harun_parisbali | 2010-09-28 01:42 | 日常
また、すっかり放置状態になってました・・・(^^;
9月も下旬に入ったというのに夏日ですなあ。
まあ、23日過ぎたら秋らしくなるらしいから、やっと暑さから解放されますねえ〜。
秋らしい秋を感じたいもんです。

もうすっかり昔話になってしまった旅行記だが・・・
どんだけ続くんだよ、この話 Σ(´∀`||;)ドキッ!!

ま、まぁ、もうしばらくお付き合いくださいまし(;^ω^)



2009年5月8日(金)その3


ランチの後、オルレアンの街を少しばかり散策。
e0103211_22174529.jpg
こんな素敵な公園?庭?が市役所の裏に、ひっそりとありました。

建物がとっても素敵
e0103211_22185134.jpg
どの公園にも存在するこのサイン。
やっぱりデザインが可愛いなあ。
e0103211_22215861.jpg
オルレアンの街にも古い建物が沢山。
こんなさり気ないエントランスが本当に素敵。
街を歩いていると、よくこんな看板が掲げられています。
e0103211_22253188.jpg
「売り家」の看板。オルレアンにフランスの自宅をどうですか?

さてさて、パレード再開のようです。e0103211_22274573.jpg
チビチビなあたし達は、近所の子供達とこんな場所によじ登って見てました (・∀・)

お子様と同じテンションの友人おくじょん(笑)
軍隊やら消防隊やら、厳つい人達のパレードが続きます。e0103211_22311428.jpg
ポンピエ
(消防隊)は一番人気。
街のヒーローです

ポンピエのパレード 
お子様とおくじょん大騒ぎの声入りのため、音声は思い切り下げて下さい(笑)


軍隊のパレード
戦車なんて本物見る機会ないですよねえ。空軍の飛行機も飛んでました。
上に同じく、音声は思い切り下げて下さい(笑)


今年のジャンヌダルク
毎年、ミス・ジャンヌダルク?が選ばれるそうです。
e0103211_22383353.jpg

e0103211_22403075.jpg
可愛らしさの中にも、凛とした感じのする彼女。
素敵です。

ジャンヌダルク祭、ホントに楽しかったです。
民族パレードがとっても素敵だったし、前夜の映像も素晴らしかったし。
毎年開催されるので、是非前夜祭から参加してみてはいかがでしょう。

さて、パレードも終わり、それぞれが帰っていったり街角で踊っていたりしている中を
あたし達は、荷物を取りにホテルへと戻ります。

パレードや観覧席の撤去のため?お片付け隊が待機しています。
e0103211_22451164.jpg
e0103211_22481284.jpg
ジャンヌダルクが住んでいた家?らしいです。
大聖堂近くのトラム前にありました。

で、通りがかりに見つけたウィンドウ。e0103211_22485912.jpg
靴屋のマルコが作業中
手作り感一杯です。
でも、マルコ
手元を見てません。
何か思う事があるのでしょうか...


ホテルから駅まで少しばかり距離があるのでどうしようかと、
大聖堂とは反対側の道に出てみたらバスが走ってました。
駅までは、バスで楽々〜。(行きもわかっていれば乗れたのに.....)

戻ってきました、オルレアン駅。e0103211_22501528.jpg
パリへと帰りましょう。

1泊2日のプチ旅行で、ブールジュとオルレアン、思い切り堪能しました。
2時間もあれば到着する街だけど、ゆっくり1泊する事をお勧めします。

パリに到着して友達と別れ、ちょっと買い物してアパートへ。
e0103211_2302829.jpg
こんなに明るいけど
20時近いパリの空です。
e0103211_2312613.jpg
軽く買い物。
にんじんサラダ、ブロッコリースプラウト、マッシュポテト
このマッシュポテトが大好き。
フランスは、とにかくジャガイモが美味しいです。

にんじんサラダは、どのスーパーにも売ってるポピュラーなもの
e0103211_233938.jpg
今夜はサラダの夕食。
朝食みたいですが....
e0103211_2341463.jpg
暗くなっても、まだまだ賑わうムフタール通りの広場。
この辺のカフェやレストランは、夜遅くまで開いてます。
日曜営業で、月曜休みの所が多いようです。


まだまだ賑わっている街の声を子守唄に、おやすみなさい

[PR]
by harun_parisbali | 2010-09-21 23:10 | 2009.04_PARIS&Croati
Copyright © 2006-2013 harun_parisbali. All Rights Reserved.