人気ブログランキング |

パリ、最終日の過ごし方



2008年6月18日(水)

今日が滞在最終日。
大体最終日は、のんびりとどこかしらで過ごす事が多い。
去年は動物園で、のんびりしてたよねー。
そんな今日、行った事の無い場所に行ってみようと、バスに乗って出かけてみた。
目的地は15区。あまり行く事の無い場所、一体どんなところなんだろう。
西の外れに向かうバスには、あまり乗客もいない。
e0103211_2128953.jpg
着いた所は、Georges Brassens という広い公園。
ランチする為に、公園前の小さなパン屋でいくつか買う事にした。
とっても可愛い Max Poilane というパン屋さん。14区とリヨンにもあるらしい。
e0103211_21282215.jpg

ここは週末、古本市が開催される場所。他にも小さなマリオネット劇場もある。
e0103211_2128342.jpg
池の周りに芝生が広がる素敵な公園。
パリの人にとって、芝生があれば、そこが日光浴の場所。
みんな水着着用でサンオイルにバスタオル持参で本格的な日光浴。
e0103211_21284623.jpg
パリジャン達を真似て、芝生に座りのんびりランチタイム。
天気もいいし、とっても気持ちのいい時間の過ごし方だなーと思う。
さすがに直射日光の下で過ごす事は出来ないけど、木陰に座ってのんびりしてると
とても贅沢な時間を過ごしてる気がする。パリにいると土や木々がとても近い。

ゆっくりとした時間を楽しんだ後、またバスで戻る事にした。
バス停を目指してると、乗るつもりのバスがもうバス停に着いていた。
急いで走りかけた時、近くを歩いていた女の子達に
「Allons-y!」
と声をかけられた。(さあ、行こう!って感じ?)
結局そのバスには乗れなかったけど、声をかけた女の子達と顔を見合わせてニッコリ。
こういうのっていいよね、何となく。

バスを待ってる時に、小学生くらいの女の子から
「この場所に行きたいんだけど、どうしたらいいですか?」
と、聞かれる。どうやら11区にある住所のようなんだけど、今いる所からだと、バスを乗り継いで行くことになり、どう乗り換えていいのかイマイチ説明がつかない。
結局あたしの語学力では役立たず・・・ごめんなさいと他の人に変わってもらった。
あー、こういう時にすらすらと教えてあげられたらいいのになあ。不甲斐ない・・・
まあ、他にいた人達もよくわかんないみたいな感じだったけど、女の子がどうしたのか気になりつつも、バスに乗ってしまった。

ムフタールに戻って、ずっと行列でなかなか買えなかったジェラート屋さんが
今日は少ししか並んでなかったから、やっと買ってみる事にした。
いつの間にか、パリのあちこちに店ができたAmorino(アモリーノ)
e0103211_21285784.jpg
小さい店舗ながら、沢山の種類があって(ありすぎて?)選ぶのが大変!
みんな散々迷ってるから一人一人に時間がかかる。だから、いつも行列なんだなあ。
でも女性の店員さんは、とっても愛想が良くて親切に色々教えてくれる。
これはどんな味?とか色々聞いて2種類選んで買うとバラの花びらのようにジェラートを盛りつけてくれた。これがまた凄い量なんだよね。そして凄く美味しい!
今まで「パリでアイスと言えば、ベルティヨン!」と、そっちばっかり行ってたけど、ここがいつも行列なのがわかるー!
ベルティヨンも、もちろん美味しいけど、さすがイタリアンジェラート。負けてません。

広場の真ん中の柵に座って、歩いてる人達を観察しつつジェラートを食べた後
アパートに戻って、荷造り&部屋の掃除。
レストランの料理の匂いや、食事する人達の楽しそうな話し声。
人々の生活がちょっと感じられたこの部屋とも今日でお別れ。
この部屋も日本人オーナーさんのアパートだけど、パリに部屋があるっていいなあ。
私もパリに自分の部屋が欲しいなあ。宝くじでも当たんなきゃ無理だけど。
自分の部屋がパリにある、ってだけで幸せな気持ちになれそう。

名残惜しい気持ちを抱えつつ、部屋のドアを閉めた。
・・・・そして、ここは5階、エレベーターなし・・・・
来た時は、パリ生活社の担当さんが下まで荷物を取りに来てくれたから自力であげなかったけど、今は一人。荷物でパンパンになったスーツケース・・・泣けた(T△T)
何が辛かったって、このアパートの階段が一番辛かった。メトロの階段よりキツかった。メトロは男の人とかいると「持ちましょうか?」って言ってくれるからねえ。

アパートの階段を必死で降りて、メトロでオペラ座横のロワシーバス乗り場へ向かう。
オペラ座前に出た時には、既にバスが停まってたから急いで横断歩道を渡ったものの
バスは、しばらく停まったままでした。
で、結局・・・・あのバス1台貸し切りだったのよーー(^◇^ ;)
あたし以外、まーったく乗客不在。でかいタクシーかよっ!(だとしたら激安!?)
e0103211_212985.jpg
乗客が一人だったせいなのか?バスの運ちゃんが飛ばす飛ばす!
思いのほか早く空港に着きましたです・・・。

空港は相変わらず厳重警備。でかい銃を抱えた兵士が巡回してます。
e0103211_21292117.jpg

おーっと、ここで友人と合流。そうですよ、この旅行二人で来てるんですよー。
といっても、空港へも別々で現地集合だけど。それぞれチェックインを済ませて、時間まで色々お互いの旅の話をする。ほとんど一人旅みたいな過ごし方だけど、同じ時期に友人が近くにいるって何かあった時に心強い。だから、お互いこうした旅の形を好むんだよね。基本的に一人、だけど時々「時間ある?」ってあったりする。それくらいの気軽さがいいんだよね、お互いに。

飛行機での席も別々だから「じゃ、成田でね〜」とひとまずさよなら。
帰りの飛行機は、パーソナルTVが新しいプログラムになっていて、それはそれは素晴らしい本数の映画が見放題でした。
そしてそして、とっても観たかったクラピッシュ監督の最新作「Paris」もやってたんですよー!フランス語で英語字幕だったけど、フランス語がわからない所は字幕で確認したり、その逆だったり。全部フランス語が理解出来る訳じゃないけど、映像も併せるとストーリーはわかるし。
色んな人達が暮らすparis。不治の病になった主人公を通して、そんな普通の暮らしのparisをとても愛おしく思う気持ち、自分の気持ちと重なって、とってもとってもいい映画でした。さすがクラピッシュ監督。
ちなみに日本では、今月20日から渋谷bunkamuraで公開です!

食事はベジタリアン、ちょっと飽きたかなあ・・・
e0103211_21293358.jpg
結局、食事してちょっと寝た以外は、ずーーっと映画観てた。
行きと帰りで6本程。もっと観たいのがあったのにーーー!と毎回時間が足りない・・・

成田に到着して、友人と再合流して即さよなら〜〜。
友人はリムジンバス、あたしはスカイライナーとここでもそれぞれの帰り方で。
そうそう、ロスバケした際壊れたスーツケースのファスナー(ソフトケースなので)を直してもらう為にエアフラのカウンターへ相談に。
こういう事も多いのか、物凄くスムーズに対応してもらって修理に出す為のヤマトの送り状を受け取り、スカイライナーへ。
(後日、修理に出したら1週間もかからずに戻ってきました)

さて、この日の夕食は・・・・
インド人がやってるインドカレー屋へ。
e0103211_2129444.jpg
普通は「和食!」ってなるんだろうけど、あたしの場合、逆に和食が食べたくなくなる。なぜかスパイスの効いたエスニック系の料理が食べたくなるんだよねえ、なんでだろ?
この後、1週間近く和食なしの生活が続くのでした・・・。

今回も長引いてしまった初夏の旅行記、とりあえず終了!ご拝読ありがとでした!
(旅行前に終わって良かったーーー(T∇T) )
by harun_parisbali | 2008-12-10 23:10 | 2008.06_PARIS&BUD
Copyright © 2006-2013 harun_parisbali. All Rights Reserved.