カテゴリ:2005.12_PARIS( 16 )

2005年12月9日 その6

シャルトルのイルミネーション
e0103211_23252789.jpg
e0103211_23254515.jpg

広場のイルミネーション。ここが街の中心です。実際見るとブルーがキラキラと、広場を囲む家々がほんのり照らされて綺麗です。

e0103211_23305011.jpge0103211_2331621.jpg

街中の建物が、せいぜい3階建てだからか、こぢんまりとしたイルミネーションがとても映えます。
PARISが大好きだけど、こういう小さな街並も素敵。フランス中の街を巡ってみたくなりました。小さい街は全体的に小さい(建物も低いし)せいか、都会にはない素朴さと可愛らしさがあります。正直、シャルトルは大聖堂くらいしか期待してなかったから、この街並には驚きでした。シャルトルを訪れたら、是非のんびり街を歩いてくださいね。

夜になって、とーーっても寒くなって来たのでPARISに帰ります。たった一時間だから、あっという間にモンパルナスに到着!
e0103211_23421520.jpg
時間も遅いせいか、ホームにもあんまり人がいませんね...。
e0103211_23431152.jpg
帰って来たら、行きにはなかったクリスマスツリーが出来上がってました!結構大きいです。

夕食はサンシュルピス教会近くのクレープリーで。ここも、以前通ってたお店です。いつも混雑してるから席はギュウギュウ。一度座ると簡単には立ち上がれません(笑)
e0103211_23464829.jpg
シンプルにチーズ&マッシュルーム。飲み物はやっぱりシードルでしょう。もちろん、この後にデザートクレープも忘れません!

e0103211_23512597.jpgクレープ屋さん近くの路地。
以前泊まったアパートの看板が右側に見えます。泊まった当時はレセプションが無く"到着したら電話して"と言われていたので、公衆電話から思い切り怪しいフランス語で緊張しながら電話しました。スタッフが常駐してなくて鍵だけ渡しに来てたんですね。今はアパートメントホテルのようなので、そういう事はないと思いますが、懐かしい思い出です。
PARISに何度も訪れると、そういう思い出が段々増えて来て、街を歩くたびに色んな出来事を思い出したり...そんな事も楽しみのひとつです。
[PR]
by harun_parisbali | 2007-02-22 00:07 | 2005.12_PARIS
辛い...辛いです!何が?って、そりゃーこの時期花粉症ですよ。
気がつけば"鼻水が、あれっっ?!"みたいな状況です(^^;;
はぁ〜〜〜〜、何とかならんのかのぅ〜〜〜〜(T^T)

ティッシュ片手に、シャルトル編の続きです(笑)


2005年12月9日 その5

暗くなるまで待つ事にした私達は、ちょっとカフェで一休みする事に。
小さな商店街には、地元の人がクリスマスの買い出しに来ています。
メインストリートに近いカフェに入ってみました。
なんか、お得なプチセットがあったので、それを注文すると...
e0103211_2303491.jpg
何だか可愛いセットがきましたよ!まるで、お子様ランチ!
ちょっとずつ、色んなものが食べたいの〜という乙女心にピッタリです(笑)

カフェでゆっくりしたあと、商店街のケーキ屋さんを覗いてみました。
e0103211_2322729.jpg
e0103211_234232.jpg
とっても素朴なブッシュドノエルです。PARISのおしゃれなケーキ屋さんとは比べ物にならないけど、この素朴な可愛らしさ、ピンクの食紅がいい味出してると思いません?。おまけにとっても安い!


この街には、まだまだこういう看板(左)も残っています。坂道の多いこの街。路地に掛かる街灯も吊り下げ型です。もう何もかもが可愛い、シャルトルにメロメロです(笑)
e0103211_2391752.jpge0103211_23105510.jpg

街の広場にやってきました。こじんまりとクリスマス市が開かれています。クリスマスのジンジャークッキーとかお菓子、ヴァンショー(ホットワイン)など、店が数件あるのみだけど。
e0103211_2315426.jpg
e0103211_2317047.jpgクリスマスの飾り付けは、これからが本番、といったところでしょうか。まだまだ、作業の人達が材料を運んで来ていました。

ヴァンショーを飲みながら、広場の近くで買ったマカロンを食べてのんびり過ごします。
さあ、いよいよ日が落ちてイルミネーションに明かりが灯ります。
[PR]
by harun_parisbali | 2007-02-21 23:30 | 2005.12_PARIS
2005年12月9日 その4

腹ごしらえも済んで体も温まった所で、早速シャルトルの街を散策です。
ツアーで来ると、多分大聖堂くらいしか見る時間が取れないと思うけど、時間があったら是非見て欲しいのが大聖堂裏の街。小さくて本当に可愛い素敵な街です。

大聖堂横のちょっとした城壁のような所をくぐって右に曲がります。道なりに進んで行くと、こんな狭い階段が。ここからの眺めもちょっと絵になる景色です。
e0103211_21523556.jpge0103211_2214640.jpg
e0103211_2232899.jpg

小さな川が流れていて、そこの周りに木組みの家が並んでいます。

e0103211_2234815.jpge0103211_22411.jpg

観光客はもちろん、行き交う地元の人に出会うのも稀な静かな街。

e0103211_228758.jpg川沿いの家並みは、とてもいい雰囲気。
ずっと眺めていたくなるような風景が続いています。

e0103211_2295235.jpg
e0103211_22114172.jpg

街のあちこちから見える大聖堂。
e0103211_2212750.jpg

e0103211_22145155.jpg小さい商店街もあります。
狭い道に掛けられたクリスマスイルミネーション。
街の風景にとても似合っています。
街中にも沢山残る木組みの家。

e0103211_2216979.jpge0103211_2217169.jpg

e0103211_22202362.jpg

あまりにもシャルトルの街並が可愛らしかったので、どーしても夜のイルミネーションが見たくなり、暗くなるまでシャルトルに滞在する事にしました。
この小さな街、一体夜はどんな景色になるのでしょう〜。

まだまだ続く!
[PR]
by harun_parisbali | 2007-02-20 22:23 | 2005.12_PARIS
暖冬ですね〜と言ったばかりなのに、今日は寒い!
例年に比べれば暖かいんだけど、冷たい空気はやっぱり冬ですね。
でも明日から金曜にかけては、暖かくなるそうで...
暖かかったり寒かったり...体調管理が難しいですね。
ぶり返さないようにしないとっ!

さ〜シャルトルの続き、行ってみましょう〜。

2005年12月9日 その3

この日は生憎の曇り空、しかもPARISに来て一番寒かった日です。なのでー、軟弱者の私達は、早速お昼休憩を取る事にしました〜。
大聖堂の横に、何やらおもしろい店を発見!
e0103211_21234313.jpgちょっとリアルなおじさんが微笑んでいます(笑)
タバックと一緒になっているので、ちょっとした軽食とバーのようです。

e0103211_21254743.jpgおじさんの店の並びに可愛い外観の店がありました。
壁も窓のコントラストが、とっても可愛い!女の子好みの店ですね。

ほらほら、こんな感じ。店の看板?も素敵です。
ここに決定!早速入ってみましょう!
e0103211_21312153.jpg

中も可愛い!中は2部屋に分かれていて、ここがレストランで隣はカフェになっていました。カフェの内装も、レストランよりこぢんまりしてて可愛かった!
e0103211_21323914.jpg

店に入ると、中には地元の人らしき10人ぐらいのグループが陽気に食事をしていました。みなさん、すっかり御陽気なものだから、うっかりグラスをガッシャーーン!とやっちゃったんですね。そしたら店のマダム「オ〜ララ〜〜」と言いながら片付け始めたんだけど、他の食器を下げかけた時、今度はマダムがガッシャーーーーン!(笑)
どうやらマダム、結構そこつ者らしい。何だか"いつものこと"みたいな笑いの渦でした。グループさん達が帰った後は貸し切り状態。
店の雰囲気もマダムも、アットホームでなごめるお店でしたよ。
で、頼んだものはコレ。ラムチョップ&キッシュ&ポテト。とってもおいしくて大満足!
e0103211_21393380.jpg


[PR]
by harun_parisbali | 2007-02-20 21:48 | 2005.12_PARIS
2005年12月9日 その2

シャルトルの駅からは、駅を出たところにあるロータリーから、真っすぐのびる坂道を上がって行きます。少し歩くと、左手前方にノートルダム大聖堂が見えてくるので(塔の上部分が)、そちらを目指して行きましょう。大聖堂の前にインフォメーションがあるので、そこで地図を調達できます。

e0103211_22415350.jpgクリスマス前のこの時期、街中こんなイルミネーションが飾られてます。
PARISで見かける物より、素朴で小さくて可愛い。

ノートルダム大聖堂
e0103211_22382971.jpg

e0103211_22462957.jpge0103211_2246599.jpg

大聖堂のファサード。大きすぎて、広角レンズじゃないと収まりません...。
シャルトルブルーと言われる有名なブルーのステンドグラスですが...
ぶれずに撮るのは難しいです。晴れた日なら光が差し込んで、とってもきれいにみえると思います(生憎の曇り空...残念!)

e0103211_22484486.jpge0103211_22485798.jpg

見え辛いですが、ここのマリア様の祭壇は、とても素晴らしいです。シャンデリアとロウソクのほのかな明かり、神聖な気持ちになれます。

e0103211_22525474.jpg

ステンドグラスだけでなく、他の部分のじっくり見てください。
細部まで凝った彫刻など、見所の多い、とても素敵な聖堂です。


そして、これはおまけ・・・。
大聖堂前の広場に、こんなものが・・・
e0103211_22584810.jpg

矢印の方へ、たどって行くと・・・
e0103211_2311150.jpg
ワンコ用のトイレでした!小さな砂場の真ん中に、このマークが立っています。マーク下の木の棒で「用を足してください」って事ですね。しちゃダメ!っていうのじゃなくて、こういうのっていいですよね。なかなかイケてます。

シャルトル編、まだまだ続きます!
[PR]
by harun_parisbali | 2007-02-19 23:05 | 2005.12_PARIS
暖冬な今年ですが、昨日今日と寒かったですね。
今日は、日差しは暖かいのに風が冷たい。でも少しずつ日が長くなってきてるような。芯まで冷える冬が無いまま、春になるんでしょうかね?(東京は)
暖冬で桜の開花も早いのかと思いきや、新聞には"暖冬で開花が遅れる"と書いてありました。どうなんでしょうねー、今年の桜は。
毎年、上野公園の桜を会社帰りに立ち寄って見るだけですが、今年はズバリPARISでお花見の予定なんですよねー。うまく開花が合えばいいんだけど。PARISでも結構ちゃんとしたお花見ができるみたいですね。海外でのお花見、楽しみです。

さて〜、旅行記はPARISからの日帰り旅行になります!

2005年12月9日 その1

この日は朝からシャルトルです!
モンパルナス駅のPAUL前で待ち合わせして、切符を買って出発です。
構内はこんな感じで、ちょうどipodの広告が一面にありました。
e0103211_22131478.jpg

駅にもクリスマスツリーが飾ってあります。
e0103211_21372827.jpg

そして車内はこんな感じ。誰も乗っていなくて、ほぼ貸し切り状態...。
e0103211_22142073.jpg

朝ご飯を作ってみました。ジェラールミュロのバゲットで作ったサンドイッチです。メゾン・デュ・ショコラのパッケージが、サイズぴったり!(笑)
e0103211_22171717.jpg

途中、ヴェルサイユ宮殿への最寄り駅を通過します。(ちょっと遠いけど)
e0103211_22233110.jpg

モンパルナスから約1時間。車窓は、ずっとこんな風景。
e0103211_22243235.jpg


e0103211_22263981.jpg食事をしたり、車窓を眺めたりしていたら、あっという間にシャルトルに到着です。
帰りの時間をチェックして、
世界遺産の街に、いざ出発!
[PR]
by harun_parisbali | 2007-02-19 22:32 | 2005.12_PARIS
2005年12月8日 その2

午後から待ち合わせをして、サンジェルマンへ。
サンシュルピス教会横にあるComptoir De Famille(コントワー ドゥ ファミーユ)という雑貨屋さんを覗いてみる。随分昔、この近くにある MAISON DE FAMILLE によく来ていたのだけど、そこよりカントリー風で家庭的な感じかなあ。値段も手頃な物が多いようです。ディスプレイも、とても可愛い。

Comptoir De Famille(コントワー ドゥ ファミーユ)
e0103211_23363294.jpg
e0103211_23373160.jpg
e0103211_2337492.jpg


雑貨やカードを買った後、Gerard Mulot(ジェラールミュロ)へ。
ここも昔、この近所のアパートに泊まった時、バゲットを買いに行っていた懐かしい店。パンもおいしいけど、いろんなお惣菜もおいしい(少々お高いけど)もちろんケーキも!

Gerard Mulot(ジェラールミュロ)
e0103211_23422362.jpg

とっても小さいケーキだけど、満足な味。あっという間に食べ終わるけど(笑)

そして、またまたショコラ!ショコラと言えばココですよね!(はしごかっ!)

LA MAISON DU CHOCOLAT(ラ・メゾン デュ・ショコラ)
e0103211_2347665.jpg
e0103211_23472099.jpg

クリスマス前だったので、ウィンドーのディスプレイもクリスマスバージョン。
エクレアと大きいマカロン。直径7〜8cmくらいあります。この2つで7.30ユーロ(約1100円くらい)なので決して安くはないけど、値段に見合った味です!
エクレアは"濃厚なチョコレートクリーム入り"だし、マカロンはふんわりしっとりのショコラ味で、美味です〜〜!あ〜〜食べたくなったーー!!
[PR]
by harun_parisbali | 2007-02-19 00:01 | 2005.12_PARIS
先週から風邪っぴきになっていました...。
暖冬なのに風邪を引く...と言われている私です(ーー;
今年は本当に暖かい。PARISもネットによると10℃前後の日が多いみたいで、この時期一番寒いはずなのにねー。ヤバいですよ。便利や快適を追い求めた結果、そういう恩恵を受けていない途上国や動植物が一番先に被害を被るって、何だか理不尽ですよね。利便性や合理性だけが、いい暮らしに繋がるとは、思えないんだけどね。もっと不便を楽しむくらいの、心の余裕が一番必要なのかもしれないですね。

暖かくなる前に、冬のPARIS日記を進行せねばっっ!

2005年12月8日 その1

この日は朝からバスティーユのマルシェに行ってきました。
朝方は小雨まじりだったのに、結構みんな買物に来てるんですね。
e0103211_22105671.jpgサンポールからバスティーユのマルシェまで歩いてすぐ。
色んな人達が買物に来ています。
この日は、お年寄りの姿が目立ちました。

八百屋さんや魚屋さんは、PARISでもやっぱり威勢がいいです。
同じ物でも店によって金額が違うので、一応全部見て回ります。
新鮮そうで、そこそこ安い所は、やっぱりお客さんが多いです。

この季節は、何と言っても生カキですね。マルシェだけじゃなく、スーパーの店頭でもカキ売りのコーナーが出ていました。

e0103211_22135857.jpge0103211_22141869.jpg

結局マルシェでは、チーズ屋さんのフレッシュチーズだけ買って、近くのモノプリで買物をして帰宅。下は買って来たものたち。
e0103211_2239784.jpg

e0103211_22444822.jpge0103211_224568.jpg

右がマルシェで買ったフレッシュチーズ。マルシェでしか買えないらしいです。本当にフレッシュなのでチーズというよりヨーグルトみたい。ジャムと一緒にデザートとして食べました。
PARISの野菜は、どれも濃厚でおいしい。ピーマンも肉厚で甘い!
緑の葉っぱは、大好きなエンダイブ。とっても安いのだけど、一株が大きい!
小さい物を選んで袋に入れようと悪戦苦闘していたら(思い切り広がるので)、近くに居たマダムが、ビニール袋を広げてくれました...。何気にみんな親切です。
[PR]
by harun_parisbali | 2007-02-18 23:24 | 2005.12_PARIS
3連休も気がつけば、終わり。
2月と思えない暖かさに、厳しい季節がやってきました・・・。
そう!花粉症ですよ花粉症! 
せっかく良い季節なのに、これからGW辺りまで、苦しい(呼吸も)日々が続きます(ToT)

4月の計画も、大まかなところが決まってしまい一段落です。
案の定、エアー料金が下がったのには、挫けましたけどねえ・・・
料金出てないなら、提示しないでくれ〜〜〜(T^T)
2万も高く買ってしまいました。わはははは。
ええねん、機内で思う存分飲んでやるっ(笑)(←意気込みだけで、飲めません)

なかなか進行しない旅日記。いつ終わるのか?って所は、アラムジワのスパと同じだわね(^^;;  (読んでる人にしか、わからないって・・・)


2005年12月7日

朝ゆっくり食事して〜洗濯して〜、というアパート滞在だからこその過ごし方。
ホテルだと、ゆっくりもしてられないもんね、気分的に。
でもって、何となくバスティーユにでも行ってみるか〜と、昼過ぎなのにアリーグルまで行ってみました。しかし案の定、マルシェは既に店じまい...。マルシェは午前中が正解ですね。
おじさん達の片付け作業を横目に、アリーグル近辺をうろうろ。ちょっと殺伐とした場所もあったり、観光客は少ない(というより、いない)エリアですね。
その中に、めちゃくちゃレトロなカフェを見つけたんですよ。
店もお客も何十年も前って雰囲気の。カフェも2ユーロくらいで安いし。
で、まだお茶する気分じゃないから後で来よう〜と思ってたら、どーしても見つけられませんでした。狭い界隈だったし角の店だったから、見つけられない事が不思議で。(方向感覚はいい方なのにぃ〜)
何だか、見た事事態が幻だったみたい。そんな雰囲気さえ漂う店だったなあ。

気を取り直して、人が入っていた感じのいいパン屋で、ピタパンのサンドイッチを買う。ちょーっと寒いけど、空でも見ながらランチです。
ここは、バスティーユのオペラ座裏に続く高架。電車の高架をそのまま使って、上が遊歩道で下がアトリエ&ショップになっています。何とも素敵なリサイクル方ですよね。アーチ型の高架のおかげで、アトリエもとてもいい雰囲気です。
e0103211_2225960.jpg

上は、こんな風に遊歩道になっていて、所々にベンチが設置してあります。
ジョギングしてる人も結構いましたよ。この時期は花も咲いてなかったけど、花が咲く時期は綺麗でしょうね。作業の人達が、しっかり手入れをしてました。
e0103211_2264741.jpge0103211_2272246.jpg

ぼーっと空や通り向こうのアパートを眺めながら、パリにいるんだなあ、と浸ってみる。
e0103211_227636.jpg


のんびり食事をした後、アパート近くの花屋に寄ってみた。
こじゃれたアトリエのような花屋じゃないから、お花が安い〜。
e0103211_22363454.jpg

で、モミの木って、こんな風に売ってるんですね。もちろん"生木"ですよ。
e0103211_22381912.jpg

でもって、買ってみました。可愛いチューリップ(*^^*)
この時期、店のお姉さんもサンタのコスプレです。「贈り物ですか?」って聞かれたから、思わず「ウィ」と言っちゃいました。ラッピングしながら、多分水切りとかの仕方を説明してくれてるんだけど、さ〜っぱり理解不能(笑) もっと勉強しなきゃですね〜。
出来上がりが、これ!ラッピングの色合いが好みです〜(紫系が好き)
リボンは補色ですね(笑)
e0103211_22421063.jpg

e0103211_2252356.jpg

6本くらいは入っていたと思うけど、これで3.7ユーロ。街の花屋さんという良心的な金額ですね。
お花屋さんからアパートまでの帰り道、とってもいい気分で歩いてた。どうして、花束を持っていると、それだけで嬉しくなるんだろう。自分で買ってもいい気分。プレゼントだと、もっと嬉しいよね。お花を贈り合う習慣っていいよね。
アパートも花を飾るだけで、自分のおうちっぽくって、いい感じです。
[PR]
by harun_parisbali | 2007-02-13 23:06 | 2005.12_PARIS
2月になったというのに、いつもの冬より暖かな日が続いてますねー。
環境問題も色々取り上げられているけれど、人間が思っているよりも早いスピードで変化している感じですね。レジ袋が有料になったりと、対策も取られてるけど、まだまだ無駄が多いですよね。一昨年久しぶりにPARISに行って驚いたのは、"マイバッグ持参"の人がとても多かった事。おじさん達まで、ポケットに使い古したレジ袋突っ込んで持って来てましたからね。欧米に比べて、こぎれいにパックされた商品が多い日本。消費者の意識を変える事が一番の問題かもしれません。

さてさて、滞りがちな旅日記の続きです。

2005年12月6日

午前中、アパートでゆっくり過ごした後、待ち合わせをしてマレ地区へ。
マレにも沢山のおしゃれなブティックが増えましたね。古い物と新しい物が共存してます。
e0103211_21243147.jpgおしゃれなブティックばかりの街にも、必ずこういう店が残っている。
コンビニが無い変わりに、スーパーやマルシェで買いそびれた物をちょっと買ったり、行きつけだったり。
コンビニは便利かもしれないけど、こっちの方が人間味を感じられる。

e0103211_2125620.jpg
こいういう小さな劇場や映画館がPARISにも沢山ある。

PARISにも至る所に落書きがあるけど、マレには"アートな落書き"が多い。アーティストが残す落書きは、何故かPARISの街角に馴染んで見えたり。
e0103211_21315265.jpg

e0103211_21381867.jpgこの上と左の落書きは、"NEMOさん"というアーティスト。もはや落書きではなく完全な作品になっている。こういう作品のそばには違うアーティストが自分の絵を付け加えたり、いつの間にか合作になっていたりする。色んな所にあるので、こういう作品を見つけながら歩くのも楽しみのひとつ。

落書きアートを堪能した後は、懐かしのファラフェルを食べに。
e0103211_21455997.jpg十数年前、初めて来た時は、そこそこ流行っているファラフェル屋さんだったけど、今じゃ各国から観光客が押し寄せている。日本以外でも、ガイドブックに載っているのかもしれない。
この並びや向かいにもファラフェル屋さんが出来たけど、行列が出来ているのはココだけ。

e0103211_21481762.jpg食べるなら、やっぱり"スペシャル"な全部盛り!揚げたヒヨコ豆のコロッケが、たまらなくおいしい!
野菜たっぷりのベジタリアンフード。フレンチに飽きたり野菜不足を感じたら、是非。とっても大きいから、お腹いっぱいになっちゃいます!
持ち帰りも出来ます。中で食べるより安いです。

さて、お腹も満たされた後は、シャルトルに行こうかと、時間と料金を確かめにモンパルナスまでやってきました。2階(日本式)に上がり、とりあえずインフォメーションで聞いてみると、タイムテーブルが置いてあるから、それを見ろとの事。各地の時刻表を置いているので、事前に調べるのに便利。チケット売り場で料金を聞こうと並んでいたら、何やらアナウンスが...。
んーー、どうやらPCのアクシデントでチケットが買えないらしい。まあ、でも料金だけ聞いてみる?と並んでいたら、いきなり若くてかわいい男の子が!
「PCが故障して今日はチケットが買えません。でも電車の中でも買えるから!じゃ!」と、ものすごく爽やかな笑顔で電車に駆け込んで行きました。
いや〜〜ん、親切な上にイケメーーン、おばちゃんにはたまりませんって(笑)
観光客だから、アナウンスがわからなくて並んでると思ったんでしょうねー。しっかり英語で話しかけてくれました。
結局、シャルトルまで往復24ユーロ。時間も調べたし、シャルトル行ってみよう〜!

その後、ボンマルシェ裏にある奇跡のメダル教会と呼ばれる小さな教会へ。
ここは"聖カタリーナ"という修道女の遺体が腐る事無く眠っている教会として、世界中から信者が集まるそうです。実際ミサの時間は、教会に入りきれないくらい人が溢れてます。ほんとに小さな教会だけど、中は真っ白で装飾も素敵です。

教会を出て隣にあるグラン・エピスリへ。ここはボンマルシェの別館。
PARISで一番好きな高級スーパーです。モノプリやフランプリに比べると同じ物でも高いけど、品揃えが充実。お土産になりそうなものも多いです。昔はラファイエットの食品売り場が好きだったけど、あまりに観光客向けの品揃えになりすぎて、普通に食材を買物するには品揃えが良くないです。お土産狙いだったら、ラファイエットもお勧めです。サダハルアオキも入ってるしね。
ここで、色々食材&入り口にあるパティスリーでケーキを購入。バスに乗ってサンポールまで。メトロだと乗り換えなきゃいけないけど、パスなら1本。サンジェルマン〜サンポールは、96番のバスが便利です。

買って来たケーキ達(*^^*)
e0103211_22215435.jpg

ここのケーキは、どれもおいしいです!そして安い(有名店に比べて)
右のチョコタルトは、メゾンドショコラのものより私好みな味でした。
うま〜〜〜。ほんっと、人間おいしいものを食べてる時って幸せ〜ですよね。
[PR]
by harun_parisbali | 2007-02-05 22:31 | 2005.12_PARIS
Copyright © 2006-2013 harun_parisbali. All Rights Reserved.